新横浜母と子の病院ブログ
Loading…

おしゃべり広場の開催が10月より大幅拡大!!

Posted by 新横浜母と子の病院 on 26.2016 フォーリーブスクラブ   0 comments   0 trackback
こんにちは。FLC事務局です。
フォーリーブスクラブでは、当院でご出産されたママたちに様々な教室をご用意しています。

今回、産後の教室 「おしゃべり広場」のアンケートを行いました。
そして、ママたちからのご要望にお応えし、より多くの方が参加できるように10月より開催日が増えます!

当院で生まれた月齢の近いお子さんのママたちと一緒に日々の子育て話しをしたり、遊び方を教えてもらったり、気になる事を当院スタッフに聞けたりと育児情報交換もできます。
気軽におしゃべりしに来てください☆
お待ちしています^^
おしゃべり広場201600

バランスボール

おしゃべり広場201601

おしゃべり広場
10月より変更
毎月 第2・4金曜日
Aコース  13:00~14:00  月齢(1ヶ月健診終了後~5ヶ月)
Bコース  14:30~15:30  月齢(6ヶ月~11ヶ月)
各コース定員 10名

お申込み・詳細はこちらから(ホームページFLC)

秋のイベント 親子でバスツアー 開催決定!

Posted by 新横浜母と子の病院 on 19.2016 ファミリーイベント   0 comments   0 trackback
当院でご出産されたママたちのサークル、フォーリーブスクラブでは、お生まれになったお子様(2才、3才)とご家族を対象とした、親子で楽しむファミリーイベントを年2回開催しています。

今年の秋は、10月30日(日)に開催します!
昨年のイベントでお子様が大喜びしたみかん狩り食べ放題と、八景島シーパラダイスの水族館へ(パンダさんみたいなイロワケイルカと)たくさんのお魚さんに会いに行ってきます!
もしかするとシロイルカの赤ちゃんに会えるかも?!
mikan_gari.jpg
八景島シーパラダイス2016

アクアリゾーツ2016

☆ バス車内では保育士のお遊びや、飲み物・お子様用のお菓子付き!

☆ 金沢区でみかん狩り食べ放題 (みかんのお土産付き)

☆ 八景島シーパラダイスではたっぷり4時間滞在
 水族館4施設に入場できるアクアリゾーツパス付き
  (昼食は各自でご用意ください。)

☆ 泣いても、騒いでも大丈夫!同じ年齢のお子様同士、ママ・パパも安心してリフレッシュ出来るよう、当院の看護師・保育士も同行します!

申込みは9月13日(火)12:00~ 定員になり次第終了します。
秋の楽しい思い出作りに、皆様のご参加をスタッフ一同心よりお待ちしております。
イベント詳細はホームページでご確認ください。

土用の丑の日

Posted by 新横浜母と子の病院 on 30.2016 今日のおやつ・イベント食   0 comments   0 trackback
7/30は土用の丑の日ということで、昼食にうな丼と肝吸いをご用意しました

鰻には、ビタミンA,B1,B2,D,E,や鉄,カルシウムなど、身体に大切な栄養素が豊富に含まれていて、貧血予防,美肌効果があるといわれています。

鰻を食べて暑い夏を乗り切りましょう♪

うな丼①20160730


うな丼②20160730


うな丼③20160730

妊婦歯科健診を受けましょう♪

Posted by 新横浜母と子の病院 on 21.2016 未分類   0 comments   0 trackback
横浜市の母子手帳をお持ちの妊婦様は、
「妊婦歯科健康診査 受診券」が母子手帳の中に入っています。
 妊娠12週~27週の間に1回、無料で受けられます!

母子手帳表紙

妊娠中は、体内のホルモンバランスが変化し、唾液の量も減っていきます。
また、つわりなどにより、歯のケアがしにくくなることによって、むし歯や歯周病などの病気が悪くなりやすくなります。
歯周病は早産等の原因となることがあるので最近、歯医者に行っていないわ~という方はぜひ、受診券を利用してみて下さい。

うさぎNsと歯


七夕御膳☆

Posted by 新横浜母と子の病院 on 09.2016 今日のおやつ・イベント食   0 comments   0 trackback
7月7日に七夕御膳をお出ししました。

星空をイメージしたとうもろこしご飯、天の川をイメージしたにゅう麺などに、手作りの七夕飾りを笹の葉にかけてお膳に添えました。

皆様は短冊にどんな願いを込めたのでしょうか…
20160707①

◇小鉢 ●豆腐サラダ ●海老とアボガドのフリッター ●炊合せ(茄子・鶏肉・粟麩・絹さや・木の芽)  
20160707②

あじさい寒

Posted by 新横浜母と子の病院 on 29.2016 今日のおやつ・イベント食   0 comments   0 trackback
6月に咲く花あじさいに見立てたあじさい寒を6月25日のおやつにご用意しました。
白あんのまわりに寒天の花を咲かせ、あじさいに見立てました(^▽^)
じめじめした梅雨が続きますが、皆様の心が晴れますように…♪


あじさい寒20160628

赤ちゃんの為の新生児室♪ 優しい杉山先生がご案内します!

Posted by 新横浜母と子の病院 on 28.2016 スタッフ紹介   0 comments   0 trackback
新生児室では新生児専門医、看護師、保育士がそれぞれ役割分担しながら赤ちゃんのお世話をしています。
赤ちゃんはその小さい体で、お母さんのギリギリの産道を命がけで出てきます。
また、生まれた瞬間、羊水に満たされ胎盤でガス交換していた環境から、一気に肺が膨らみ自分の肺で呼吸するようになり、劇的な体の変化を起こします。
中には、その変化に充分に適応しきれない赤ちゃんも出てきてしまいます。
そのような赤ちゃんはもちろんのこと、上手に生まれることができた赤ちゃんも自分で母乳(ミルク)を飲み、子宮外の環境に適応していかなければいけません。
当院の新生児室では軽度の呼吸障害(呼吸器を必要としない呼吸障害)や新生児黄疸などの治療を行いますが、呼吸障害が強いなど当院で対応しきれない場合は近隣の高次施設へ搬送することもあります。
日本では新生児専門医の数はまだ十分でなく平成26年10月現在で516名しかおらず(日本周産期新生児医学会ホームページより)、地方ではNICUのある周産期センターでも専門医が1~2人しかいないことも珍しくありません。
当院には新生児専門医が常勤で2名、非常勤で1名が在籍しております。
産科中心の民間病院ではほとんどない体制であり、当院の小児科の大きな特徴であると同時に、生まれた赤ちゃんの異常に、いち早く対応できる体制をとっております。

レントゲン
レントゲンで気胸の状態をチェック

診察の様子
診察の様子

保育器
管理が必要な児は閉鎖式保育器に収容し管理。高度治療が必要とされる場合は関連施設へ搬送します。

ベビー室保育士
保育士・看護師が患者様からお預かりしている児の保育をしています。

新生児室では退院までのママと赤ちゃんの生活をサポートしながら、退院後の育児もスムーズに行えるようにサポートしていきます。
当院では経腟分娩では分娩翌日、帝王切開では4日目から、基本24時間の母子同室を行なっています。ただし、お産でママの体力も落ちていたり、お産のトラブルで安静にしておかなければいけないこともあります。そのような場合は、一時的に新生児室で赤ちゃんをお預かりし、お母さんの体調の回復まで授乳等のお世話もいたします。
母児同室指導
母児同室指導

授乳指導
授乳指導

オムツ替え指導
オムツ替え指導

沐浴指導
沐浴指導

赤ちゃんも生まれたばかりですが、ママも親になったばかりです。
とりわけ初産の方は母乳、沐浴などの生活に不安を持たれると思います。
お産後は看護師がお部屋に伺い、母乳のあげ方などのお手伝いをしますので、不安なことやわからないことは何でもお聞きください。
さらに、退院前に自宅での生活に不安があれば、産後ケア入院を行っております。
産科医からの退院の許可が出た後、もう少し赤ちゃんのお世話に自信をつけて帰りたいママにはお勧めです。病院にいて近くに看護師がおり、わからないことがすぐ聞けるのと、近くに誰もいない自宅での違いは結構大きなものかもしれません。期間・費用等に関しては、受付や看護師などにお尋ねください。

最後に、子供の難聴についてお話しします。
小児の難聴はおおよそ1000~2000人に1人に発生するといわれています。
遺伝的な影響や未熟児で生まれるなどの要因でさらに頻度は高くなり、特に左右のどちらか片側だけの難聴では聞くことはできるので気付くまでにかなり時間がかかってしまうことも少なくありません。
難聴は早期に発見することで成長した後の言語発達を改善できる可能性が高くなります。
聴力検査は任意の検査ですのでご希望の方はお申し出ください。赤ちゃんが眠っていればできる検査ですので、ほとんどの場合は退院前に検査を実施しております。

スタッフ一同、赤ちゃんとご家族様の幸せを願って全力でサポートさせて頂きます。




  

プロフィール

新横浜母と子の病院

Author:新横浜母と子の病院
当院は「安心・安全・快適な病院」を目指しています。
産科ではLDR分娩、無痛分娩に力を入れています。

カレンダー

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR