新横浜母と子の病院ブログ 無痛分娩 2日かかりましたが、元気な赤ちゃん。
Loading…

無痛分娩 2日かかりましたが、元気な赤ちゃん。

Posted by 新横浜母と子の病院 on 31.2013 無痛分娩   1 comments   0 trackback
今年の締めくくりは無痛分娩です。                2013/12/31 (文責 稲坂淳)
初産の方が2日間頑張って出産されたので、紹介させて頂きます。
無痛・計画分娩の場合、経産婦さんはほとんどの方が1日の分娩誘発でご出産されます。初産婦さんの中には2日かかる方もいらっしゃいます。
分娩誘発が2日目に入るのがわかると、落胆して涙する方も多くいらっしゃいます。でも明日はきっと生まれます。そんな折れない気持ちが大切です!!
これを見ている妊婦さん、頑張っていきましょう!

胎児エコー
入院当日
まずは胎児エコーです。赤ちゃんの大きさ、羊水、胎位などをチェックします。

硬膜外カテ2硬膜外カテ4
無痛分娩のため、硬膜外カテーテルを留置します。痛くないように皮膚表面を麻酔してから、局所麻酔の注射です。
大丈夫です。あまり痛くないですよ。
診察をして子宮口がまだ閉鎖しているため、ラミナリアを挿入しました。これがちょっと痛いです。
(でもこれのおかげで、翌朝は子宮口が2.5cmまで開大しました。)


胎児心拍モニタリング
しばらく胎児心拍をモニタリングして、赤ちゃんが元気であること、お腹の張りの程度を確認します。

LDRにて2LDRにて3LDRにて1
同日、LDRにもどったあとに、現状と明日の予定を説明。
(私の時間に余裕がある日はゆっくりお話しします。質問も受けます。)
「ラミナリアは海藻の根っこでできていて、水を含むとゆっくりと拡張していきます。子宮の出口にいれたラミナリアの棒が、明日の朝にはこれぐらい、2~3cmに拡張します。そしたら風船をいれてさらに5cm程度まで拡張していきます。10cmまで行けば赤ちゃんの頭が通るくらいの全開大です。」なんてかんじでしょうか。


メトロ
無痛・計画分娩当日1日目
朝、メトロという風船を挿入します。子宮の出口が広げるためです。これがちょっと痛いのですが・・・・。ホントに痛がりさんは、無痛が効いてから処置するといいでしょう。

無痛分娩中
無痛のための硬膜外鎮痛が始まり、分娩促進剤も始まっています。

1日目夕方
夕方16時半、診察すると子宮口は5cm、児頭はまだ高く、分娩には至りそうにありません。
分娩促進を中止しました。無痛も一旦やめて、夕食を召し上がって頂きます。夜は痛みがあれば無痛を継続します。★2日かかる場合は、夜間の痛みが課題ですね。できる限り痛くないように、夜間も無痛をするのが一番ですね。気持ちを切らさず明日も頑張りましょう。

2日目朝
無痛・計画分娩2日目
2日目の朝食です。今日も頑張っていきましょう!ちょっとお疲れでしょうか。大丈夫今日はうまれます。
吸引の説明
2日目は順調に分娩が進行。
夕方になると、赤ちゃんの頭がすぐそこに見えてきました。無痛分娩の影響も有り、いきみだけでは、なかなか分娩に至りません。そのため今回は、出口部吸引と言って、1回だけのゴムカップ吸引で、赤ちゃんに出てきてもらいます。ご本人に説明してから軽く引っ張ります。

ひっぱてます
いきみにあわせて、吸引分娩です。スムーズに出てきてます。

おめでとう1  2013年11月27日(水)18時00分、元気な女の子です!2694g。おめでとうございます。
おめでとう2おめでとう3
お父さんに臍帯を切ってもらいました。
あたたかいところへ  赤ちゃんが寒くならないうちにあたたかいところへ移動し、計測します。
赤ちゃんが戻ってくると2時間一緒に過ごしてもらいます。お母さんホントお疲れ様でした。
記念撮影1記念撮影2
2時間います12時間居ます2
みんなで記念撮影   みんなで記念撮影。おまたせしました。おめでとうございます。

アンケート

アンケート有り難うございます。
無痛とはいうものの、痛みがゼロではないのが現実です。これからも改善を加えて、負担のすくない満足のいく無痛分娩を目指します。 1日目のよるが少し辛かったですね。ごめんなさい。






このコメントは管理者の承認待ちです
2014.12.06 17:23 | | # [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hahatokoblog.blog.fc2.com/tb.php/44-de1ac5b7

プロフィール

新横浜母と子の病院

Author:新横浜母と子の病院
当院は「安心・安全・快適な病院」を目指しています。
産科ではLDR分娩、無痛分娩に力を入れています。

新横浜母と子の病院ホームページ



WEB外来予約 @Link



Instagram

検索フォーム

QRコード

QR