新横浜母と子の病院 スタッフブログ
Loading…

離乳食教室・離乳食相談のご案内

Posted by 新横浜母と子の病院 on 11.2022 各種教室   0 comments   0 trackback
新横浜母と子の病院では、初めての離乳食、これから開始しようとドキドキされている方。あるいは始めてみたものの“これでいいのかしら”と悩まれている方に離乳食教室と離乳食相談を開催しています。

離乳食の進み方は個人差が大きくあります。焦らず、ゆっくりとお子さまのペースに合せて進めましょう。

いろいろな悩みに栄養士がお答えしますので、どんな小さなことでも遠慮なく聞いてくださいね。


■離乳食教室A(離乳食開始前の方)
20221101-③

離乳食開始前の生後5~7ヶ月のお子様がいらっしゃるお母様を対象に、離乳食の目的、離乳食を始めるタイミング(食べたいサイン)、ポイントや進める上での注意点、具体的な固さと量、1回食の食材の紹介や味覚の発達について、実演を見ながら、とてもわかりやすく学ぶことができます。

20221101-④

20221101-⑤


■離乳食相談B(2回食)
■離乳食相談C(3回食)
20221101-離乳食相談①

オンライン(ZOOM)でおこなっている「離乳食相談B(2回食)」と「離乳食相談C(3回食)」ですが、ご好評により10月からは第2・第3金曜日の月2回の開催に増えました!

初めの15分間で2・3回食への移行のタイミング、具体的な固さと量、味付けについて、鉄分の取り方の講義等を行います。
その後、参加者のママ達との栄養相談も行いますので、一緒に悩みを聞いて不安を解消しましょう♪

<開催日>
■離乳食教室A(開始前) 第2・第4水曜日 10:00~10:30/11:00~11:30
■離乳食相談B(2回食の方) 第2・3金曜日 11:00~11:30 *オンライン
■離乳食相談C(3回食の方) 第2・3金曜日 13:00~13:30 *オンライン


アンケート(離乳食教室A)より
*離乳食を難しく感じていて、なかなか始められなかったのですが、今回の説明を受けて、早速 明日から始めてみようと思いました。
*固さの目安を実際に見せてもらえて10倍粥がこんなにトロトロとは驚きました。本を読むよりも理解が深まりました。
*手探りで始めては見たものの、泣いて食べてくれず不安でした。いろいろ聞けて参考になりました。
*離乳食レシピはこれから役立ちそう。楽しくがんばりたいと思います。

お祝い膳2022秋冬メニュー

Posted by 新横浜母と子の病院 on 19.2022 お食事   0 comments   0 trackback
頑張ったママに特別なひとときをお贈りするため、栄養科スタッフが心を込めてお作りしている、お祝い膳の2022年秋冬メニューを紹介します。
メインはお魚 or お肉をお選び下さい。

コースの始まりは爽やかなオードブル。

☆天使の海老と真鯛のサラダ仕立て ゆず風味
20221015 前菜 冷
魚介のカルパッチョに和のテイストを加えた一皿です。


☆ラム肉のローストバジル風味 トマトソース パルマンティエ添え
20221015 前菜 温
仔羊肉の上質なロース部分を使用。
香草と共に低温調理で柔らかく仕上げました。


☆長芋と豆乳のスープ 生姜の香り
20221015 スープ
長芋と豆乳の優しい風味を活かしたポタージュスープです。
アクセントの生姜で温まります。


☆(魚料理)平目と帆立のブレゼ ヴァンブランソース
20221015 魚料理
旬の魚を白ワインでふっくら蒸し煮にしました。
昆布のうま味と、ターメリック香るクリーミーなソースと共に。


☆(肉料理)国産和牛ロースのグリル 赤ワインソース
20221015 肉料理
香ばしく焼いた厳選牛肉に、季節野菜を添えて。
ブランデーを用いた芳醇なソースでお楽しみください。


☆デザート
・クラッシックチョコケーキ 赤ワイン風味
赤ワインのガナッシュを含ませた温かいチョコケーキは口の中でホロリとほぐれます。

・クリームチーズのプリン パッションフルーツ
クリームチーズのプリンにはパッションフルーツソースとライムを添えて。

・季節のフルーツとアイスクリームを一緒にお楽しみ下さい。
20221015 デザート








小児科専門医 水谷先生のご紹介♪

Posted by 新横浜母と子の病院 on 15.2022 医師の紹介   0 comments   0 trackback
小児科専門医・新生児専門医 水谷 佳世 先生
20220903 水谷Dr

小児科医の水谷佳世です。2022年8月からこちらで働き始めました。
出身は母と子の病院のある、ここ横浜市港北区です。大学からは横浜を離れておりましたが、25年ぶりにもどった横浜市港北区は、立派なスタジアムとIKEAができて第三京浜と首都高速が繋がって大きく発展していました。驚きです。

私の趣味は自転車です。北海道サイクリングではオホーツク海と沿岸のハマナスの花々が忘れられません。南は与那国島一周したこともあります。仕事をしていると、精神的な疲労がたまってしまうのですが、自転車で走るといろいろなことから心が離れ、自由になる気がします。
現在は、コロナ禍の最中ですから、なかなか自由に出かけることが困難な時もありますが、許される範囲でまた自転車に乗り、日本全国津々浦々を見てきたいと思っております。自分の荷物を背負い自分の脚で行って見ると、車やバスでは見えないものが感じられます。

さて、仕事面ですが、医師国家試験合格後25年のあいだ私がどうしていたかといいますと、小児科医として大学病院や他県のこども病院、総合周産期センター新生児集中治療室(NICU)に勤務し、周産期専門医(新生児)の資格をとり、日々1000gに満たない小さく生まれた赤ちゃんや、重症な赤ちゃんの診療に携わっていました。毎日毎日あけてもくれても患者さん・赤ちゃんとNICUで過ごし、時には泊まり込むこともありました。そうしてNICUを退院した赤ちゃんがお家に帰って成長し、また外来に様子を見せにきてくれると、本当にこの仕事をして幸せだなあと感じていました。

新生児の診療に携わり赤ちゃんを守ることは、50年後100年後の未来を守ることだと思っています。今回、出身地である横浜に戻り、周産期専門医として、ここ新横浜母と子の病院の赤ちゃんの診療を拝命し嬉しく思い、頑張っていこうと張り切っています。よろしくお願いいたします。


夏の蚊に気をつけましょう (内科医 西原昇吾)

Posted by 新横浜母と子の病院 on 01.2022 Dr.コラム   0 comments   0 trackback
夏になり、家の周辺ばかりでなく、キャンプなどで外出する機会も多くなり、野外で虫に刺される可能性も増えます。衛生害虫について、また、ジカ熱などの感染症について知り、その予防につとめましょう。
20220801蚊イラスト
1.蚊に刺されると
 夏には昆虫による健康問題が増加します。ハチやアブ、ブユやカ(以下、蚊)などの衛生害虫に刺される(噛まれる)と、かゆみや腫れがおこります。中でも、ウイルスや原虫などの病原体を持った蚊が人を吸血すると、発熱が続くなどの症状が現れます。かつてはマラリアや日本脳炎が有名でしたが、近年ではデング熱やジカ熱も問題となっています。海外で感染し帰国後に発症するデング熱の患者は年間200人以上です。ジカ熱は、ジカウイルスに感染した蚊(ネッタイシマカ・ヒトスジシマカ)から人へ、または性行為により人から人へ感染する感染症です。2~12日の潜伏期を経て、軽度の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、発疹などの症状が2~7日ほど続きますが、症状が軽いこともあります。日本国内での感染はありませんが、流行している中南米、カリブ海諸国、東南アジアなどで感染し、2016年以降、国内で発症した例は20ほど報告されています。
神経症状(ギラン・バレー症候群)や、妊娠中の感染による胎児の小頭症を引き起こす可能性があるため、妊婦、また妊娠を計画している方の流行地域への渡航は控えることがのぞましいです。やむを得ず渡航する場合には、厳重な防蚊対策とともに、潜伏期間後に疑わしい症状のある場合は、すみやかに医療機関を受診することが勧められます。ワクチンや特別な治療法はなく、症状に対しての対症療法となりますが、蚊に刺されないことが重要な予防法です。また、流行地域の滞在中、帰国後6か月間は性行為を控える、またはコンドームを使用する、流行地域から帰国した女性は、帰国後最低6か月間は妊娠を控えることが必要です。他の人への感染を広げないため、蚊に刺されない様に注意する(帰国から2週間ほど)ことも必要です。


2.蚊に刺されないために
蚊に刺されないために、以下のようなことに注意しましょう。

●蚊の発生を防ぐ
・庭の水がたまりやすい場所(植木鉢の受け皿、空きビンなど)のたまり水を空にし、側溝や雨水ますを清掃し、幼虫であるボウフラの発生を防ぎ、やぶや草むらで草刈りをして成虫のすみかを減らす。

●蚊に刺されない様にする
・やぶなどの蚊の多い場所への外出を控える。
・長袖、長ズボン、靴下などを着用し、肌の露出を少なくする。
・虫よけ剤や蚊取り線香などを使用する。妊婦や授乳婦の忌避剤の使用に関しては、アメリカ環境保護庁でとくに注意喚起していない。
・網戸などで屋内への蚊の侵入を防ぐ。虫よけの忌避物質を使用した網戸も市販されている。蚊帳(かや)を吊る。
・家の中では殺虫剤を使いにくいため、手網、蚊取り装置(トラップ)を用いて蚊を捕獲する。

20220801西原先生
手持ちの虫網 1000円ほどで購入可能(内科 西原先生)


3.蚊に刺されたら
一般に、蚊などの昆虫に刺された場合には、刺された部位をもみだして蚊の唾液の量を減らし、すぐに虫刺されの薬を使用することで、アレルギーを抑え、かゆみなどの症状を軽くすることができます。必要以上に恐れることなく、適切な対策を取ることにより、快適な夏を過ごしましょう。



産婦人科専門医 橋本先生のご紹介♪

Posted by 新横浜母と子の病院 on 06.2022 医師の紹介   0 comments   0 trackback
20220706 橋本先生

産科医の橋本誠司と申します。
出身は奈良県。たくさんの遺跡に囲まれた環境だったため、子供の頃は学校が終わると自転車に飛び乗り、暗くなるまで遺跡探索に明け暮れていました。

そのせいでしょうか。今でも休日はじっとしていられず、ドライブしながら様々な場所に足を運んでしまいます。なかでも最近のお気に入りは箱根!あと、鎌倉、茅ヶ崎。すっかり神奈川県の虜です。

そんな私は、産婦人科医になるまでに少し遠回りしてしまいました。というのも、最初に入学したのは、東京学芸大学教育学部心理学科。そこで母子に関わる領域の心理学を学びます。そして卒業後、医療系施設での研修で医療の大切さを知り、再受験で医学部に入学。入学後、心理学部で学んだことを活かせる小児科と産婦人科で迷いましたが、一人の素晴らしい教授との出会いにより、産婦人科の道を進むことを決心しました。

このように、医師としては遠回りした私ですが、今では、心理学で培った知識を強みに変え、患者さまに寄り添う丁寧な診療を心がけています。

きっと、妊娠中は悩みや不安が尽きることはありません。
刻々と変化していく自分の身体や体調に戸惑う日もあれば、胎動が感じられず心配で眠れない日もあるでしょう。
今日の食事はお腹の赤ちゃんにとって良くなかったのではないか、と自分を責める日もあるでしょう。

そんなとき、検索魔になる前に私の外来にいらしてください。そして抱えている不安や悩みを聞かせてください。みなさんの不安を解消し、安心して分娩の日を迎えられるよう全力を尽くします。

拡大新生児マススクリーニング検査について

Posted by 新横浜母と子の病院 on 15.2022 お知らせ   0 comments   0 trackback
新生児マススクリーニング検査対象疾患の条件は「先天性疾患であり、治療可能で、早期診断が有効であること」があげられ、全国で生まれる赤ちゃんのほぼ全員が受検されています。

神奈川県では、現在、アミノ酸代謝異常(5疾患)、有機酸代謝異常(7疾患)、脂肪酸代謝異常(5疾患)、その他(3疾患)の計20疾患のスクリーニングが行われています。

当院では、原則生後4日(生まれた日は生後0日)に赤ちゃんのかかとから少量の血液を専用のろ紙に採取し、検査機関に送付しています。検査の結果、万一精密検査を必要と判断された場合は、専門の医療機関に紹介しています。
20220615 Newborn_mass_screening_test

このたび神奈川県医師会が実施主体となり、拡大新生児マススクリーニング検査(自費負担)として重症複合免疫不全症、脊髄性筋萎縮症の2疾患がスクリーニングできるようになりました。

重症複合免疫不全症(SCID)は免疫不全の中でも乳児期早期に重症感染症で発症し、根治的治療が行われないと生後1年以内に致死的となる原発性免疫不全症です。
早期発見し造血幹細胞移植が行えれば、生命予後が大きく好転することが確認されています。生ワクチン接種より重症化する可能性あり、生ワクチン(生後2か月のロタウイルスワクチン)接種までに診断できるよう、従来の新生児マススクリーニング検査と同時に検査を実施する必要があります。

脊髄性筋萎縮症(SMA)は「SMN1」という遺伝子の欠失が原因で全身の筋力が低下する進行性の疾患です。
近年、非常に有効な治療薬(遺伝子治療薬・核酸医薬品)が開発され、未治療では寝たきりで呼吸器が必要になる重症型でも早期治療により、歩行可能となります。治療開始が早ければ早いほど治療効果は高く、従来の新生児マススクリーニング検査と同時に行うことで高い治療効果が得られる可能性が高まりました。

本来であればこのような疾患スクリーニングは無料(公費負担)で実施されるべきものでありますが、新しい検査の導入時の実現は難しく、現状自己負担での検査となります。当院では、8,800円(税込み)で実施しています。赤ちゃんたちの未来のために、ぜひ検査を行ってくださるようお願いいたします。

副院長 三浦 文宏(小児科専門医・新生児専門医)

お祝い膳のご紹介 ~2022 春夏メニュー~

Posted by 新横浜母と子の病院 on 02.2022 お食事   0 comments   0 trackback
頑張ったママに特別なひとときをお贈りするため、栄養科スタッフが心を込めてお作りしているお祝い膳の新メニューをご紹介します。
メインはお魚orお肉をお選び下さい。

20220430 お祝い膳(全体)


彩り野菜とホタテのグリル マンゴーソース
20220430 鴨のコンフィ
新鮮な彩り野菜と、香ばしく焼いたホタテのサラダ。レモンドレッシングとマンゴーソースで


鴨のコンフィ バルサミコソース
20220430 彩り野菜とホタテのグリル
ヘルシーな鴨ムネ肉を低温調理で仕上げました。甘酸っぱいオレンジとバルサミコソースと共に。


オクラと豆乳のスープ
20220430 オクラと豆乳のスープ
オクラのまろやかな味を活かし、豆乳でやさしいポタージュスープに仕上げました。


オマール海老と季節の魚のポワレ トマトブールブランソース
20220430 (魚料理)
オマール海老と旬の魚を、フレッシュトマトを使ったブールブランソースでお召し上がり下さい。


国産和牛ロースのステーキ 和風ソース
20220430 (肉料理)
国産和牛ロースステーキにごぼうチップをアクセントに添えました。シェフ特製の和風ソースでどうぞ。


デザート盛り合わせ
20220430 デザート盛り合わせ
フレンチデザートの王道、クレームブリュレの抹茶風味。人気のクレープはチョコバナナに、季節のシャーベットとフルーツを添えて。


  

プロフィール

新横浜母と子の病院

Author:新横浜母と子の病院
当院は「安心・安全・快適な病院」を目指しています。
産科ではLDR分娩、無痛分娩に力を入れています。

新横浜母と子の病院ホームページ



WEB外来予約 @Link



Instagram

検索フォーム

QRコード

QR