新横浜母と子の病院 スタッフブログ
Loading…

産後のメンタルヘルス支援にについて

Posted by 新横浜母と子の病院 on 09.2019 産婦人科医師の紹介   0 comments   0 trackback
みなさまこんにちは。

このたび6月1日より副院長を拝命いたしました、産婦人科医の紺谷佳代と申します。

20190813 紺谷Dr


この地に赴任して5年が過ぎました。 

お一人目に続き、お二人目の妊娠・出産に立ち会わせていただく機会が増え、本当に幸せでありがたいことです。

さて、妊娠・出産という時期はダイナミックな時間です。

自分を振り返っても人生の中で1、2を争う幸せで、しかも色々あった時間でした。

分娩当日までひどいつわりに悩まされ拳に吐きタコができた私にとって、妊娠期は楽しいことばかりではなく、産後も睡眠不足で人の言葉にひどく傷ついて涙が止まらなかったり、普通の精神状態ではありませんでした。

しかしたくさんの人に支えられ助けられて無事に命をつなぐことができました。
これから人生をスタートする赤ちゃんのため、まずはご両親・ご家族が心身ともに健康で幸せな状態でいてほしいと心から思います。

今回は産後の精神衛生について少しお話しします。


🔹マタニティ・ブルーズ

産褥3~10日の間に生じる一過性の情動不安定な状態で、産褥期のホルモンの激変と母親になったことによる環境の変化や育児に伴う疲労などが原因です。軽度の抑うつ感、涙もろさ、不安感、集中力低下など、特に涙もろいことが重要な症状で、出現頻度は30%程度とされます。通常2週間ほどの短期間で症状は消失し治療を要しないことが多く、ご家族に協力をお願いするとともに症状の改善に合わせて育児を進める必要があります。
また育児不安が高まるのは退院直後から産後2週間が多いといわれており、当院では1週間健診(産後約2週間)や母乳外来を実施し、この期間をなんとか乗り越えていただくサポート体制をとっております。漢方を中心とした投薬治療で症状が改善することも多いのでぜひご相談ください。また小児科の協力のもと産後ケアも充実させております。

🔹産後うつ病

罹患率は褥婦さんの5~10%と言われています。上記の状態が2週間以上続き、抑うつ気分、不安、焦燥感、不眠、愛情がわかないなどの自責感、育児への不安・恐怖などの症状の悪化がある場合、産後うつ病に罹患している可能性があります。より専門的な知識・経験のある医師に相談することも大切であり、当院では心療内科・精神科への紹介も行っております。本当に疲れ切っていると外出する気にもなれないと思います。市の育児支援や産後ヘルパー制度などもご紹介できます。当院コンシェルジュ・主治医にご連絡・ご相談ください。
また『妊娠中から始める育児支援』として両親学級・助産師学級に加え、昨年の秋から個別相談の助産師外来を立ち上げました。ぜひご利用ください。

これからもスタッフ一同一丸となってより一層「安心」「安全」「快適」な医療を提供できるよう、心を引き締めて全力を尽くします。
今後とも宜しくお願い致します。

働く妊婦さんをサポート 母性健康管理カード

Posted by 新横浜母と子の病院 on 03.2019 産婦人科医師の紹介   0 comments   0 trackback
こんにちは。産婦人科医の河原且美です。

20190729 河原Dr


働く妊産婦さんをサポートする母性健康管理指導事項連絡カードを知っていますか?

妊娠中・出産後も、通常とは違う身体の状態や環境にストレスも溜まりやすいですね。

その様な働く妊産婦さんには、身体の状態によって休憩や休日、仕事の軽減を申し出て職場に適性な措置を講じてもらう権利があります。

働く妊産婦さんのための制度は以下のようにいろいろとあります。

・妊婦健康診査を受けるための時間の確保
・勤務時間の変更
・勤務の軽減
・妊娠中の通勤緩和
・休憩に関する措置
・時間外労働、休日労働、深夜業の免除
・軽易な業務への転換
・産前・産後の休業 など

昔より女性労働者の権利が尊重される社会になってきたとはいえ、実際にはまだまだと感じる部分もありますし、なかなか周囲の目を気にして言いづらかったり、キャリアダウンを心配してということも現実的には多いと思います。
しかし、悪阻や切迫流早産など、医師から注意や指示を受けているのに無理をすれば、胎児の成長に関わりますし、母体の負担になります。
そのような時に産婦人科で「母性健康管理指導事項連絡カード」を医師に記入してもらい、それを利用して医師の指示を職場へ的確に伝える方法があります。

1. 妊娠中や出産後の健康診査などの結果、通勤の緩和や休憩に関する措置などが必要であると主治医などから指導された場合に、 産婦人科で母健連絡カードに必要な事項を記入して発行してもらいます。

2. 女性労働者は、事業主にこのカードを提出して、措置を申し出ます。

3. 事業主は、母健連絡カードの記入事項に従って時差通勤や休憩時間の延長などの措置を講じます。

母性健康管理指導事項連絡カードは、産婦人科だけでなく厚生労働省のHPからダウンロードもできます。

お腹の赤ちゃんを守るには、ママが無理をしないことがまず第一です!

無理をして長期入院や流早産につながるような結果になってしまわないよう、こういった制度を活用してください。

そして心配なことは、妊婦健診時に是非主治医に相談しましょう!

横浜市 国民健康保険の加入者の皆さまへ  40歳から1年に1度の「健康診断」を受けていますか?

Posted by 新横浜母と子の病院 on 14.2019 お知らせ   0 comments   0 trackback
20190614-健康診断-(3)

新横浜母と子の病院の内科では横浜市国民健康保険の健康診断(特定健診)を実施しています。

特定健診は、高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病を予防したり、早くみつけたりするための健康診査です。

生活習慣病は自覚症状が現れにくく、気づいたときには重症になっていることもあります。この機会にご自身の健康チェックをしていただくことをお勧めします。

対象者は横浜市国民健康保険に御加入の40歳から74歳の方です。
費用は無料です。(約1万円かかる検査が無料で受診できます)

横浜市より5月下旬から今年度の受診券が発送されています。
当院では火・木・金のいずれも午前中に実施しています。

ご希望の方はお電話でお問い合わせ・ご予約ください。

新横浜母と子の病院 045-472-2911(8:30~17:30)

20190614-健康診断-(1)
20190614-健康診断-(2)



新横浜母と子の病院 日帰りバスツアー「いちご狩り&こどもの国」

Posted by 新横浜母と子の病院 on 17.2019 フォーリーブスクラブ   0 comments   0 trackback
新横浜母と子の病院でご出産された2才・3才のお子さまとご家族を対象にした日帰りバスツアーを開催しました!

行き先は、みんなが大好きな「いちご狩り」とたくさんの遊具と牧場や動物園もある「こどもの国」。

新横浜駅から大型バス2台で出発です!
バスの中ではお子様に袋いっぱいのお菓子と飲み物をプレゼントし、保育士による歌遊びや紙芝居などを楽しみながら向かいました。
20190414 (3)

20190414 (1)

そうこうしているうちに住宅街から突然畑があらわれ青葉区にある徳江いちご農園に到着しました。

ビニールハウスの中はいちごの甘い香りでいっぱい!みつばちも飛んでいます。

高設栽培なのでお子様の目の高さに緑の葉っぱから顔を出した真っ赤ないちごが並び、いろいろな種類のいちごを食べ比べ。

完熟した甘みを満喫できました。

20190414 (2)

その後、こどもの国へ移動し、みんなで集合写真。

20190414 (4)

自由行動では、持ってきたお弁当やレストランでお食事をとったり、アスレチック遊具で遊んだり、牧場で牛や馬を見たりと思い思いの時間を過ごされました。

20190414 (5)

20190414 (6)

帰りのバスでは1日ノンストップで遊んだこども達はぐっすり腕の中。

泣いてもぐずってもお互い様のお子さま連れバスツアーに参加していただき、ママ・パパにも笑顔がいっぱいあふれていました。


6人目のご出産おめでとうございます♪

Posted by 新横浜母と子の病院 on 22.2019 今日の風景   0 comments   0 trackback

6人目となる赤ちゃんをご出産されたM様

ずっと担当している崎山院長の喜びもひとしおです



~ママからメッセージをいただきました~
このたび6人目の出産。兄弟4人も母と子の病院で出産をし、大変お世話になりました。今回は6年越しの出産という事もあり、不安があったのですが、崎山院長をはじめ、以前のお産で関わらせて頂いた看護師さんの変わらない優しさや懐かしい顔ぶれに心強さを感じ無事出産でき、入院中も楽しく過ごせました。
院長先生にはとても良くしていただき、毎回の検診も笑顔と笑い声であふれていたのを思い出します。
崎山院長、看護師さん、スタッフの皆さま。本当にお世話になりました。Thank you


~崎山院長より~
幸せな家族と一緒に喜びをたくさん与えて戴き、本当に医者冥利につきます。おめでとうございます。




ご出産祝いプレゼントのご紹介♪

Posted by 新横浜母と子の病院 on 20.2019 ご出産祝い   0 comments   0 trackback
当院でご出産されたママに、かわいいベビー服のプレゼントをご用意しております。
新横浜母と子の病院と日本製のベビー服ブランド「妖精の森」と共同で企画・制作したオリジナルプレゼントです。4種類からお好きなプレゼントをおひとつお選び下さい。退院時に1階売店にてお渡ししております。


バスポンチョ
サイズ50~70
無撚糸のやわらかくふんわりとした素材に包まれて赤ちゃんも安心。
お風呂上りやプールサイドに大活躍!
バスポンチョ (1)
バスポンチョ (2)


カバーオール
サイズ70
肌触りがよいスムースニット素材だからオールシーズン着られます。
デイリーはもちろんお出かけ着にも。
カバーオール (1)
カバーオール (2)


ラミケットスリーパー
サイズ50~80
赤ちゃんを優しく包んで冷えや寒さから赤ちゃんを守ります。
完全オープン式なのでねんねしてからの着脱もらくらく!

ラミケットスリーパー


アフガン&スタイ
赤ちゃんを優しく包むアフガンはおでかけやお風呂上りに便利。
毛足の長いふかふか素材は今治タオル製。おそろいのスタイがセットです。
アフガン&スタイ (3)
アフガン&スタイ (2)



妊婦様へ 風邪を引いたかな? インフルエンザかな?… と思ったら、早めの受診を!

Posted by 新横浜母と子の病院 on 07.2019 お知らせ   0 comments   0 trackback
インフルエンザに罹ったら

妊娠すると、一般的に妊娠していない時と比べて免疫機能が低下するため、インフルエンザに感染した場合は重症化しやすいと言われています。
抗インフルエンザ薬のオセルタミビル(タミフル)やイナビルは発症から48時間以内の使用で、発熱が1~2日間短くなったり、重症化予防になります。
妊娠中や授乳中であっても通常どおりの量と投与期間で使用できます。
また、予防投与という使い方も可能で、妊婦・授乳婦にも安全に投与できます。
妊娠中にオセルタミビル(タミフル)、イナビル(ラニナミビル)を使用しても胎児の奇形リスクは上昇しないと報告されています。

インフルエンザとは

インフルエンザウイルスによる感染症で、38度以上の発熱・頭痛・関節痛・筋肉痛などの症状が
認められますが、発熱しないこともあります。

妊婦とインフルエンザ

妊婦がインフルエンザに罹患すると重篤な合併症を起こしやすいとされています。

①妊婦がインフルエンザ流行中に心肺機能が悪化し入院するリスクは、産後と比較して妊娠週数 とともに増加すると報告されています。
妊娠14~20週 1.4倍  
妊娠27~31週 2.6倍
妊娠37~42週 4.7倍 

②妊婦がインフルエンザに感染すると自然流産、早産、低出生体重児、不当軽量児、胎児死亡の増加が認められています。

いつもと違う「おかしいな」と感じたらできるだけ早く受診してください。


  

プロフィール

新横浜母と子の病院

Author:新横浜母と子の病院
当院は「安心・安全・快適な病院」を目指しています。
産科ではLDR分娩、無痛分娩に力を入れています。

新横浜母と子の病院ホームページ



WEB外来予約 @Link



Instagram

検索フォーム

QRコード

QR