新横浜母と子の病院 スタッフブログ 研修会
Loading…

消火器訓練を行いました。

Posted by 新横浜母と子の病院 on 07.2015 研修会   0 comments   0 trackback

2日間に分けてスタッフ103名が消火器訓練に参加しました。
火災が発生した際、初期消火がとても重要になります。
今回の訓練では、初期消火で使用する 消火器の取扱いを再確認しました。

DSC03721.jpg

いざという時に、落ち着いて迅速に行動・対応できるように定期的な訓練を行っています。

防災委員

第5回 新生児蘇生法講習会

Posted by 新横浜母と子の病院 on 24.2013 研修会   0 comments   0 trackback
2013年11月23日(土)第5回 NCPR新生児蘇生法講習会

 AHA2000 心拍蘇生ガイドラインでは、「すべての分娩に新生児の蘇生を開始することのできる要員が少なくともひとり、専任で立ち会うべきである。さらに気管挿管と薬剤投与を含む全ての蘇生の技術を備えている者が、いつでも手助けできるようにしておくべきである。」と推奨されています。

 私たちの病院でも、ほかの産院同様に忙しい日々が続きます。しかしそんな中でも、この1年間、当院で開催されたNCPR新生児蘇生講習会は5回目となりました!!ほとんどの現場関係者が受講し合格しています。

2 講義
ただいま私(稲坂)の講義中。もちろん真剣です。

3 実習
講義が終わると、基本実習から開始です。まずはマスク&バックです。
大沼先生はすでに新生児蘇生講習会を受講し認定証もお持ちですが、新生児蘇生の知識や技術を再確認する意味で参加して頂きました。

5 実習6 実習8 実習7 実習
みなさん真剣そのものです。基本技術の再確認です。

8 シュミレーション
仮想シナリオに沿ってシュミレーションも行います。ここでは現実の医療現場では滅多に経験しないシリアスな状況も経験可能です。またシュミレーションを行うことで、日々の知識の再確認、技術の向上に繋がります。

9 ポストテスト
最後にテスト。これに合格すれば新生児蘇生講習Aコースの認定が得られます。がんばって!

 忙しい日々に悩殺されても、新しい知識や基本となる技術の向上を怠るわけにはいきません。これまで5回の新生児蘇生講習会で、当院のほとんどの現場関係者が受講したことになると思います。
 もちろん1回受講し合格したからといって、新生児蘇生の技術が身についたともいえません。日々の勉強、努力がとても大切です。私たちの母と子の病院が、さらに安心安全を提供できるように、みんなでがんばっていきたいと思います。                       
                                 (2013年11月24日文責 稲坂淳)

NCPR新生児蘇生の勉強会です。

Posted by 新横浜母と子の病院 on 28.2013 研修会   0 comments   0 trackback
1月27日 (日) 新生児蘇生講習会Aコース 
(稲坂先生の話がおもしろいのでみんな真剣です。)
KIMG0360.jpg
今日は、生まれてくる赤ちゃんのための勉強会です。
2010ガイドラインに沿って、まずは1時間程度の講義。
本日のインストラクターは、稲坂先生と椎津先生です。
新生児蘇生のシュミレーションです。
KIMG0374.jpg
元気に生まれてくる子がほとんどですが、何かあったときのためにこうして準備しておくことが大切なんですね。
KIMG0366.jpg
みんな真剣そのものです。
最後は、本気の試験です。
KIMG0383.jpg
崎山院長も、お久しぶりのマークシート。
これに合格すれば、新生児蘇生Aコース修了。 
みんな、がんばれー。
最後に記念写真。みんなお疲れ様でした。
KIMG0385.jpg
赤ちゃんを守るため、明日からも頑張ります。   (撮影:稲坂)

職員研修に行ってきました!

Posted by 新横浜母と子の病院 on 16.2013 研修会   0 comments   0 trackback
1月12日の夜から出発し
13日~14日の2日間、長野県の志賀高原で職員研修会がありました。
今回は1班の27名のスタッフが参加しました。

辺りは白銀の世界です
DSC_0099.jpg
<ゲレンデの頂上からの風景>

今回は講師にANAラーニングの山田貴子先生をお迎えし、

 ・接遇の基本
 ・言葉遣いと話し方
 ・立ち居振舞い

などについて学びました。

DSC01184.jpg
<研修風景1>

DSC01187.jpg
<研修風景2>

今回の研修を通して、少しでも患者様に満足していただける対応ができれば良いと思います。


最終日の14日は横浜でも大雪となり、高速道路が通行止め
志賀高原をお昼ごろ出発したのですが、
病院に到着したのが午前0時過ぎとなってしまいました・・・
DSC01191.jpg
<帰りのバスの風景(まだ元気なころ)>


スタッフの皆様お疲れ様でした。
  

プロフィール

新横浜母と子の病院

Author:新横浜母と子の病院
当院は「安心・安全・快適な病院」を目指しています。
産科ではLDR分娩、無痛分娩に力を入れています。

新横浜母と子の病院ホームページ



WEB外来予約 @Link



Instagram

検索フォーム

QRコード

QR