新横浜母と子の病院 スタッフブログ 2013年07月
Loading…

無痛分娩の様子

Posted by 新横浜母と子の病院 on 17.2013 無痛分娩   1 comments   0 trackback
7月3日(水) AM 9:02
1
これから無痛分娩のため分娩室へ向かいます。やっぱり緊張されています。

AM 9:10
2
分娩室に入ると血圧計、心電図モニター、胎児心拍のモニターを装着し準備をします。

AM 9:14
3-2
昨日の夕方にいれてある硬膜外カテーテルから痛み止めのお薬を注入します。
無痛の効果を確認しつつ、分娩の誘発促進をすすめていきます。

AM 9:35
3-1
無痛のおくすりが効いてくれば、あとはリラックスして分娩の進行を待ちます。
4-1   4-2
もちろん胎児心拍と陣痛をモニターします。促進剤を使用しての分娩の誘発が進んでいきます。

7月3日PM4:47 3022g 元気な男の子です。おめでとうございます。
5-15-2
5-3
新しい家族が増えて記念撮影です。(7月6日)
明日はもう退院になります。本当におめでとうございます。


 お母さんの感想をいただきました。

 こちらの病院で2回目の出産です。
 前回は普通分娩でしたが、あまりの痛さに記憶もあいまいで・・・・。
 今回は“出産”という人生の一大イベントを自分の記憶にしっかりと焼きつけたく、無痛分娩を希望しました。
 また、計画無痛分娩でしたので、入院予定日も決まっています。上の子を預けるスケジュールを家族で事前に決められるのもありがたかったです。
 しかし、いざとなると怖いものです。
 ネットで無痛について調べてみると
「麻酔が効かない人もいる」 とか
「背中にカテーテルを入れるのが激痛」 など
ネガティブな体験談も多く、それなりに痛みを覚悟して分娩に望みました。

 が、実際に分娩してみますと、カテーテルを入れるのにもスプレーの麻酔をしてからの注射なのでほとんど痛みがありません。陣痛も麻酔がしっかり効いて、まさに「感覚はあるが痛みだけが取り除かれた」状態!
 記憶もしっかりあるので、看護師さんや助産師さんと談笑しながら、穏やかにお産が進みました。
(前回の普通分娩に比べて産後の回復も早く、退院の翌日には自分で電車に乗って出生届も提出しに行けました。)
 赤ちゃんが出てくる瞬間も、先生の指示するタイミングに数回息んだだけで、出てきてくれて、しっかりと感覚があります。前回は出産直後に赤ちゃんを見せてもらっても、正直それどころでない状況。痛すぎて目も開けられませんでした。
 今回は、「わぁー!!かわいい!!ちっちゃい!!」と笑う余裕までありました。
 私にとっては今回の分娩には120%満足しています。
 3人目がもしありましたら是非またお願いします!!
 ありがとうございました。

妊婦検診のご紹介♪

Posted by 新横浜母と子の病院 on 05.2013 妊婦検診   0 comments   0 trackback
外来主任の今井です。 みなさん 妊婦健診ってご存知ですか?
妊娠がわかると、定期的に妊婦健診をして赤ちゃんとお母さまの健康状態を確認します。
健診でご自身の身体や赤ちゃんの様子を見てもらう以外に、気になることを相談して、
不安を取り除き、こころもからだも充実した妊娠生活を送りましょう!


 妊婦健診の流れをご紹介します。


①受付窓口
ご来院されましたら受付に母子手帳、診察券、保険証(月1回)を提出します。
再診受付①


②採尿
はじめて来院されてからご出産までの健診ごとに毎回、お小水の検査があります。
トイレの中にカップがありますので、採尿したら個室の奥の引き戸を開けて入れます。
採尿②

③血圧測定
妊娠中に血圧が高くなると要注意です。
血圧測定③

④体重測定
バランスよく食べて、体重を管理しましょう。
体重測定④

⑤診察室で先生の問診
当院の最高に優しいDr.崎山院長です。(ハンサム)
気になることは色々聞いてください。
問診⑤

⑥計測
腹囲、子宮底、児心音、むくみをチェックします。
計測⑥

⑦エコー(妊娠初期は内診)
超音波検査で子宮内の様子や赤ちゃんの心拍、発育具合を診察します。
〈崎山院長〉内診は、緊張していると人によっては痛みを感じやすくなるので
恥ずかしがらずリラックスすることを心がけましょう。
エコー⑦

⑧診察後の説明
先生より胎児や母体の状態について説明があります。
個々にあわせた検査などの説明がありますので、わからないことがあったら遠慮せず、
どんどん先生に聞いてくださいね!
診察後の説明⑧

  

プロフィール

新横浜母と子の病院

Author:新横浜母と子の病院
当院は「安心・安全・快適な病院」を目指しています。
産科ではLDR分娩、無痛分娩に力を入れています。

新横浜母と子の病院ホームページ



WEB外来予約 @Link



Instagram

検索フォーム

QRコード

QR