新横浜母と子の病院 スタッフブログ 2018年06月
Loading…

妊娠、出産、育児の経験を活かした充実した看護!

Posted by 新横浜母と子の病院 on 14.2018 ママさんナースの紹介   0 comments   0 trackback


新横浜母と子の病院で、主に産婦人科・婦人科・内科・小児科の診察介助や採血、検査介助で活躍するママ看護師をご紹介します!


20180614mamanurse (1)


〇勤務歴、職場環境を教えてください?

育休中も含め勤続3年半になりました。新横浜母と子の病院は、子どもが体調不良の時は小児科医と相談できたり、夫や自身の体調不良時は内科医と相談し、勤務中に受診することができ、恵まれている環境だなと日々感じています。」


〇病院付属フォーリーブス保育室を利用していますか?

「子どもは今月で1歳半になります。1才になる前の10ヵ月から病院付属のフォーリーブス保育室でお世話になっています。」


○保育室は利用しやすいですか?

「勉強会があると当日でも電話1本で延長保育してくださり、保育室の先生方が細かい所まで子どものことを見てくださるので安心して預ける事が出来ます。」

最近はお散歩が楽しくて自分で靴を履こうとする仕草が見られます。マイブームは隅に空間がある所やごみ箱におもちゃを入れることです。」ヽ(*^^*)ノ


○育児と仕事を両立するポイントは?

先輩ママが多くいるので育児や仕事の情報交換やアドバイスでとても助けてもらっています。妊娠中、復職後は短時間勤務に変更を利用し、スタッフの皆さんがフォローしてくださるおかげで働けています。 一緒に働くスタッフには感謝の気持ちを忘れず、日々頑張って行きたいと思います。



20180614mamanurse (2)
ママのお迎え足取りが軽い


20180614work_workbalance.png 

子育て中のママが働きやすい。復帰しやすい職場!

Posted by 新横浜母と子の病院 on 01.2018 ママさんナースの紹介   0 comments   0 trackback
新横浜母と子の病院では、看護師を目指してベビー室で赤ちゃんのお世話をしならが看護学校に通う保育士や新生児のケアを中心に活躍する男性看護師など多くの仲間がチームを組んで患者様と生まれたばかりの赤ちゃんをサポートしています。

今回は妊娠・出産・育児という大きなライフイベント迎えながら、入院中の患者様のケアを中心にママ看護師として働くスタッフにインタビューしました!

20180601mamanurse (1)

○育休明けの勤務は大変?
「長男を出産後、約8カ月の育休から復職する際は、病院付属のフォーリーブス保育室に入園して、育児や家事、仕事との両立が落ち着くまではしばらく勤務日数を減らしたパート勤務に変更し、現在はフルタイムで働いています。」

○新横浜母と子の病院の職場はどんな雰囲気?
「子育てしながら頑張って働くママが多く、自分も頑張ろうと思えます。仕事はもちろん子育ての面でもたくさん相談でき大変心強いです。」

○仕事と家族とのワークバランスは?
「子供と離れている時間があるからこそ、家族との時間をより大切にしようと思えます。」

○リフレッシュ、モチベーションを保つためにしていること?
「あまりストレスをためこまないよう定期的に職場の仲間と飲み会をしています。今後は、同じ様に産休から復職した人達をサポート出来る人になれるよう努力していきたいと思っています。」

病院付属「フォーリーブス保育室」の先生と近くの公園に遠足
20180601mamanurse (2)

ママの仕事が終わったら、お迎え!同じ職場の同僚である先生が1日の出来事などくわしく教えてくれます
20180601mamanurse (3)


  

プロフィール

新横浜母と子の病院

Author:新横浜母と子の病院
当院は「安心・安全・快適な病院」を目指しています。
産科ではLDR分娩、無痛分娩に力を入れています。

新横浜母と子の病院ホームページ



WEB外来予約 @Link



Instagram

検索フォーム

QRコード

QR