新横浜母と子の病院 スタッフブログ 2020年01月
Loading…

新年のご挨拶 稲坂先生

Posted by 新横浜母と子の病院 on 07.2020 産婦人科医師の紹介   0 comments   0 trackback
20200107 理事長・院長 稲坂 淳
新横浜母と子の病院 理事長・院長 稲坂 淳(産婦人科専門医)


 新年あけましておめでとうございます。
 ご出産を乗り越えて新しいご家族とともに、また妊婦様にとっては希望溢れる新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。私にとっての昨年は忙しくてあっという間でした。その中で事故なく無事に新年を迎えられて、正直ホッとしています。新横浜母と子の病院を選んでいただいた皆様に心より感謝申し上げます。そして、皆様にとって今年も良い年になりますように心よりお祈り申し上げます。

 少子高齢化が現実となって私たちの目の前に立ちはだかっています。我々産婦人科の病院としては、極めて困難な時代に突入したという印象です。しかし、産婦人科において感じるやりがいや幸せは、どんな時代でも変わることがないと思っています。
 一方ご出産される方にとっては、出生数が減ることは決して悪いことではないといえます。外来患者様の数が減れば、外来の待ち時間が減るでしょう。一人一人に診察や対応にかける時間も増えて丁寧にコミュニケーションできるでしょう。患者様側から見れば悪いことばかりではないはずです。
 ただし病院の側から見てみると、経営の面で大変厳しいことは間違いありません。全国的に分娩施設が減少している事実がその厳しさを示しています。少子化に伴い産科病院として衰退に向かうタイムリミット直前にいるのかもしれないと考えてしまいます。まさに当院が生き残れるのかどうかが問われる一年といえます。これまで通りの母と子の病院のよさを保ちつつ、患者様一人一人に丁寧に対応していくことで、産科病院としての役目を果たしていきたいと思います。

 毎日忙しいですが、健康で幸せそうな妊婦さんたちや元気に生まれてきた赤ちゃんたちに接することができて私は本当にやりがいを感じます。流産などの悲しいこともありますが、元気な赤ちゃんが来ることを切に願って頑張っている患者様に希望をもらったりもします。多くの患者様をハッピーにして、私自身が産婦人科医になってよかったなと思えるように、一生懸命仕事に邁進していきたいと思っています。

 今年も皆様にとって幸せが多い年でありますように。新横浜母と子の病院はこれからも選ばれ信頼される病院であるように頑張ります。何卒よろしくお願いいたします。



  

プロフィール

新横浜母と子の病院

Author:新横浜母と子の病院
当院は「安心・安全・快適な病院」を目指しています。
産科ではLDR分娩、無痛分娩に力を入れています。

新横浜母と子の病院ホームページ



WEB外来予約 @Link



Instagram

検索フォーム

QRコード

QR